フォトスタジオで撮ってもらった写真のデータを保存する方法

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/11/29


フォトスタジオで撮影したデータは、CDDVDで受け取るか、公式サイトにアクセスしてダウンロードする方法が一般的です。しかし、データを受け取った後は定期的にバックアップをとっておかないと、CDDVD、ハードディスクの劣化によってデータが消えてしまうこともあります。ここでは、写真データを保存するための正しい方法について紹介します。

CDDVDだけで保存するのは不安?

CDやDVDで写真データを受け取ると、半永久的に保存できると思って安心していませんか?実は、CDDVDにも寿命があるので、CDDVDだけでデータを保存するのはとても危険です。

CDDVDの寿命

CDやDVDの寿命については諸説ありますが、10年から30年ほどといわれています。寿命を短くしてしまう原因としては、傷や酸化があげられます。たとえば、CDDVDの表のラベル面に傷が入ってしまうと、そこから空気が入り込んで酸化を促してしまうことも。酸化してしまうと、CDDVDの裏面に白く膜が張ったようになります。白い膜が張ったような状態になってしまうと、クリーニングをしてもデータの読み込みが難しくなってしまいます。最悪の場合、二度と写真データを見られなくなってしまうかもしれません。

CDDVDの保管場所に気をつける

CDやDVDの劣化を早めてしまう原因に大きく関係するのが、湿度や温度、紫外線などの影響です。したがって、湿度や温度に注意して保管する必要があります。たとえば、

・高温多湿の場所での保管は避ける
・ディスクに傷が入らないように専用のケースに入れて保管する
・ディスクが汚れたら柔らかい布や専用のクリーナーを使用してキレイにする

など、上記の点に注意して保管するだけでも、CDDVDの劣化を防いで、長く写真データを保管できます。

正しいバックアップの方法とは

CD・DVDだけでデータを保存しておくのは、おすすめしないことを、冒頭で紹介しました。では、どのようにしてバックアップをとればよいのでしょうか。続いては、正しいバックアップの方法について紹介します。

■外付けハードディスクにバックアップする

ポータブル型のハードディスクは、耐久性も高くおすすめです。ハードディスクを選ぶ際には、以下の点に注意して選びましょう。

・容量
写真データの量にもよりますが、できるだけ容量の大きなものを選ぶとよいでしょう。最近では、写真もとても高画質になっているので、1枚保存するだけでも大きな容量を使用することもあります。また、容量の大きなハードディスクを選んでおけば、次回フォトスタジオで撮影することがあっても、その写真データの保存も可能です。

・USB3.0搭載しているか
USB3.0は、USB2.0よりも、高速でデータ転送が可能です。バックアップもスムーズに行えます。

・ポータブルハードディスクを選ぶ
据え置き型の外付けハードディスクは、安価で購入できますが、耐久性においてはポータブルハードディスクの方が優れています。ポータブルハードディスクは、持ち運びを前提に作られているので、落としてしまった場合にも、壊れにくい特徴があるようです。

2か所以上でファイルを残しておく

バックアップは、2か所以上の場所で残しておきましょう。2か所以上にデータを残しておけば、1か所に残したデータが消えてしまっても、もう1つのデータが残っています。たとえば、1つはハードディスク、1つはパソコンに保存するという方法などで、データを残すのもおすすめです。

バックアップはこまめにやろう!

写真データを大切に残すには、データのバックアップが重要であることは、理解していただけたと思います。しかし、バックアップは手間も時間もかかる面倒な作業です。

「後からやればよい」「すぐにデータが壊れることはないだろう」と思って、先延ばしにしている方も多いのではないでしょうか。しかし、データの消失はいきなり起こるものです。たとえば、

・CD・DVDの破損
・ハードディスクの破損
・災害

などが原因となり、予期せぬタイミングで起こります。できるだけこまめに行うことをおすすめします。

■クラウドは災害にも強い

CDやDVD、外付けのハードディスクは、火災や水害、地震の際に破損してしまうこともあるようです。しかし、クラウドにデータをバックアップしておけば、思わぬ災害に遭ってしまっても、データを失うことはありません。

インターネット環境があれば、いつでもデータを確認できるのもメリットです。クラウドでのデータ保存は、さまざまな会社が提供しています。データ容量や値段もそれぞれ異なるので、よく検討してから決めましょう。

 

CDやDVDで受け取った写真データは、バックアップを取らずにいるとデータが消えてしまう可能性もあります。バックアップは、外付けのハードディスクやクラウドなど、2か所以上に行うことで、データ消失のリスクを回避できます。また、データは思わぬタイミングで消えてしまうので、できるだけこまめにバックアップをすることが大切です。

おすすめ関連記事

SEARCH

CONFLICT

NEW POST

子どもの成長の記録として、かわいい時期の写真を残しておきたいと思うのが親心というものです。どうせならプロのスタッフに任せて、特別な写真で残したいですよね。そんな希望を叶えてくれるのがフォトス
続きを読む
結婚式は、人生の中でも思い出に残る特別な日になります。結婚式に撮った写真でアルバムを作るなら、その記念をしっかり形に残すことになるでしょう。この記事では、結婚式のアルバムをオシャレに仕上げる
続きを読む
赤ちゃんからの成長というのは本当にあっという間です。成長の記録を取っておくならば、後で振り返ったときに感慨深いものを感じるのではないでしょうか。この記事では、子どもの成長記録を撮るベストなタ
続きを読む